最終話の動画はいかがでしたか?

コミュニケーションって、ほんの一言で成果がにつながったり

信頼を失ったり、本当に微妙で難しいものです。

 

私は、自慢じゃないですが、結構無神経で

相手を悪気なく傷つけることしばしば…

でも、これを学んでから「林さんは優しいですね」

「そんなことまで考えていてくれたんですね」

と言っていただくことが増えたんです!

 

人って、そんなに思っていることに違いはない

でも、それをどう表現するかで評価が分かれる

コミュニケーションは生き物ですね

 

意外と大事にされていないこの分野、

知っていただくと、ビジネスの展開が一気に広がるかも!

 

本日の内容の理解を深めるために

過去の動画も必ずチェックしてくださいね(左のメニューからご覧になれます)

 

“高単価”筆跡診断士になるために必要な3つのステップ

Step.0 “高単価”筆跡診断士とは

Step.1 筆跡診断をマスターする

Step.2 人を集める仕組み・プチ体験会について

Step.3 ハーバード流マネジメントコミュニケーションでマインドセット

 

***********

 

全4本の動画をご覧いただき、いかがでしたか?

私がお伝えしたいことは、

単に筆跡診断の技術だけ学ぶのではなく

自分の生き方のクセも変え、対人関係を向上させ

集客を学ぶ、

 

これはそんな総合講座です。

 

体験&説明会ではそんな思いをお伝えしながら

ステキな仲間を増やす講座説明会を開きます。

 

 

この体験&説明会は

林香都恵本人が、直接皆さまにお会いして、疑問・質問を解消し、

オンラインセミナーの内容を深掘りして

理解を深めていくための説明会です。

 

その場にいないと体験できない、字を書く上で感じる心の癒しを

みんなで感じる時間としたいと思います。

そして、せっかくおいでいただくのですから

ご参加いただいた全員の方にプチ診断させていただきます。

診断結果の奥深さを感じていただけたらと思います。

 

 

ただ、講座説明会は、現時点でほとんどの回が

満席御礼残席わずかとなっています。

興味を持ってくださった方は

なるべく早めの予約をお願いいたします。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓クリックして詳細を確認いただけます↓↓↓↓↓↓↓↓↓

※説明会に参加したいけれど、

 どうしても日程が合わない、地方なので参加できないという方は

 別途info@koutanka-h.comまでお問い合わせください。

 

 

【皆様へのお願いがございます:コメント募集!】

この動画講座の後、本格的にスタートする高単価筆跡診断士の本講座は

出来る限りあなたの希望に添った内容にしたいと思っています。

ですので、

今、あなたの不安や疑問に思われている事をぜひコメント欄に書き込んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4件のコメントがありました。

  1. 植野泰彦

    勉強になりました。私も長年、高校教師をやっていたので、生徒指導では苦労していました。相手を理解したり、相手のためにやっていても、空回りしていたことがありました。コミュニケーション力をつけることは人間社会で生きていくうえで、とても大切なことだと思います。筆跡診断もその一つのツールですかね。

    Reply
  2. はら

    人様に「こんな面白い話し(診断方法)があるよ~」と話しを持ちかけられるマインドを果たして持ち得るか?!自らを変容出来るかどうか?だと思います。

    Reply
  3. カノン

    診断士としてのスキルだけでなく、
    ビジネスやコミュニケーションスキルも身につくということで
    とても興味があります。

    心配な点は、いま受講中の講座があり、
    時間的にも、能力的にも、それらと両立できるのかということです。

    また、受講中の講座が終わってもいないのに新しいものに手を出すのは
    まさに講座ジプシーなのではないかと思ったり。

    いずれにしても、いまの私に必要なのは
    ビジネスのセンスややり方と
    自分のキャラクターをつかでブランディングすることだと思っています。

    金額的にも受講可能かわかりませんが
    とにかく、体験会で色々とお話をお聞きしながら
    ご相談させていただければと思っています。
    よろしくお願いいたします^^

    Reply
  4. 光部都子

    第4話の動画拝見しました。
    お客様の悩みに対して提案とアドバイスすることに
    少し驚いています。
    私は、接客以外の仕事をしていないので
    営業、企画などの経験もなく
    私には出来ないかな⁉と思いました。

    Reply